2011年03月の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュピ前夜祭

3月5日はニュピ前日の前夜祭となりオゴオゴが練り歩きます。
我が屋のある町内も皆1ヶ月前から準備し大掛かりなオゴオゴを作っていました。
町内で1つだけと言うわけではなく
自分達仲の良い友達同士や家族で、町内の“プムダ”と呼ばれている
町内会青年部のチームで作成したり。
それぞれチームTシャツまで作り気合バッチリ!

Resaize-P1010534.jpg



Resaize-P1010537.jpg


オゴオゴは簡単に言うと青森のねぶたのようなカンジかな。。
規模の小さな子供達で作るものは
まず骨組みは木と竹。そしてその上に新聞を貼っていき色をつける。
上の写真のように予算もある大掛かりなものになってくると
鉄の骨組みを溶接し加工しその後発砲スチロールを骨組みとなった鉄に刺し
その後ナイフなどで削っていきサンドペーパーで表面を削り紙を貼り付け
最後に色付けし衣装を作ります。


出来上がりがこちら!


Resaize-P1010560.jpg

なかなか迫力のある本格的なものが出来上がっていました。


そして夕方からニュピ前夜祭の為
町内を練り歩きます。
我が家の近辺は大通りをシャットアウトしオゴオゴが練り歩くので
見物したい外国人観光客も大勢居ました。


Resaize-P1010582.jpg



写真の右端に長い竹を持った人が映っていますが
これはオゴオゴが練り歩く際高すぎて電線に当たるので
危険の無いように先まわりして電線を持ち上げる役です。
オゴオゴはだんじりともちょっと似ているかな。。
ヒートアップしてくると走りながらまっすぐ進まず左右に行ったり来たりするので
観光客も本気で逃げなければ巻き込まれてしまう危険もあるけれど
なかなか迫力のある楽しいイベントです。



Resaize-P1010563.jpg

こちらは最高年齢11歳の14人チームで作成した
こどもオゴオゴ。
大人の力を借りずココまで作り上げる彼らは
さすが!としか言いようが無いほど立派に出来上がっていました。
皆Webサイトに載せていいか?と聞くと
ポーズを決めてくれました♪

因みに後ろに少し見えている
“あっかんべー”のオゴオゴ
こちらは中学生6人チームのオゴオゴです。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。