2011年02月の記事 (1/3)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あだ名

日頃バリ人と接してる事が多いと同じ呼び名が多いなーと思いませんか?

今日、ご近所さんにバリ人のニックネームについて聞いてみました。

バリ人の名前の構成には産まれた順番が組み込まれます

   1番目  ⇒  昔 →ワヤン    最近 →プトゥ
   2番目  ⇒  昔 →マデ     最近 →カデ 
   3番目  ⇒  昔 →ニョマン   最近 →コマン
   4番目  ⇒  昔 →クトゥッ   最近 →クトゥッ
    
    ※ 5番目以降は1番目に戻り繰り返される



   女の子      ⇒  イロッ
   小さい(身長)  ⇒  チニッ
   大きい(身長)  ⇒  グデッ
   お姉さん     ⇒  モッ  
   お母さん     ⇒  メメ 
   チビ(背が低い) ⇒  カテ 



上記が大まかなニックネームの材料

  
ある女性が身長が低かったとして大人になるまでに呼ばれるニックネームは

背の小さな女の子    イロッ + チニッ = ロッニッ
背の小さいお姉さん   モッ  + チニッ = モッニッ 
背の小さいお母さん   メメ  + チニッ = メッニッ 

と、上記のようにその方の現在の状況によって変わる場合もありますが

大抵は生まれた順番に背が高いか低いかとなり

大きいワヤンさん   ワヤン  + グデッ  =  ヤンデ
大きいマデさん    
大きいニョマンさん  ニョマン + グデッ  =  マンデ
大きいクトゥッさん  クトゥッ + グデッ  =  クトッデ

となり同じニックネームが多く居るそうです。
因みに… マデさんは マデ + グデッ となり“デ”が重なるので
そのまま『マデ』か、違う呼び名で呼ばれることが多いそうです。




他には…

例えばデンパサールで産まれた子供なら
昔の人はデンパサールのことを『バドン』と呼んでいた為そのまま『バドン』

産まれた病院が『サンラー病院』なら『サンラー』

ご近所さんに唇がとーってもたらこな方が居て呼び名は『モンニョン』
そのまま意味合いとして“たらこ唇”だそうです



日本人の感覚だと差別用語として捕らえられている単語も
結構大胆にそのままで呼ばれていたりもしますが…

ニックネームひとつじっくり聞いてみると
なかなか面白い背景なんかも見える場合があります

でもねー
正直…  『ロッニッ』と聞いてその場に居ない人を指す場合
一体ドコの“背の小さな女の子”なのか見当が付かない時がちょくちょくあります(苦笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。