日常の記事 (1/2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近バリの子供達の中で流行っている物

今日、年中の息子が自分の貯金箱からお金を出してお買い物に行くというのでお店についていったら…

ファンシーショップに行きたいんだと。

何を書いたいの?と聞いても息子は名前が分からないらしく「ゴム~」とだけ答える。。

何の事だかわからないまま母の頭の中では???だらけになりつつ店に到着。

一目散に購入したのが小さな輪ゴムのセット。

自宅に帰ると必死で作ってくれ~と半泣きになりながらお願いされたのがコレ




何でもバリに住んでいる子供達の中で流行っているとかで

作って欲しいといわれてちゃっちゃ~と作りました。。

意外と母の方ははまってしまい、気が付くと3点…。

あした、別の色のゴムを買ってちょっとグレードアップバージョンを作る予定!

因みにこの輪ゴムセット1箱70円ほど。

ゴムだけだと30円程で買えます~

気になっている方は「輪ゴム ブレスレット」で検索してみて下さい♪

You Tubeでも作り方の詳しい動画がいっぱい有るので

グレードアップバージョンも結構簡単に作れそうです。。

バリ旅行に来たついでにお土産として大人買いするのもアリな程皆さんもはまっちゃいますよ~
スポンサーサイト

お天気の良い日のRiku-bali リクバリでは~

皆様、長らくこちらのブログを放置していましたが
本日より本格的に始動しますので、よろしくお願いいたします☆


今のバリ島は凄く天気も良く、毎日が洗濯日和。

そんな時、Riku-bali リクバリではオーナーの趣味であるJembe ジャンベが敷地内で日光浴してます。


Jembe


革を乾燥させる程、綺麗で澄んだ音が出るからだそうで

本格的な演奏用と、お遊び用全てを乾燥させてしまうんです。

このジャンベ、実はとっても大きな物から子供が遊びに使える物のほかにも

キーホルダーにしてある物まで大きさが揃っているから実は全てが欲しくなってしまう程。

バリ島の民族楽器かと思っていたら

実はこのジャンベって南アフリカの楽器だそうです。

が、そこは柔軟なバリの人達、すんなり受け入れて自分達スタイルで

時にはストレス解消に

時には他の楽器とセッションを楽しんだり

そして時にはアラックやトゥアックを飲みながら皆と一緒に歌って踊って演奏して…

と、結構ローカルの間でも活躍しているんです。

お天気の良い日には本当に楽しくなっちゃう♪

ジャンベって結構楽しめるんだよ~

アートフェスティバル  その2

アートフェスティバル会場の出店ゾーンをウロウロと物色中に

ちょっとビックリな物をまたまた発見!!

ドールショップの人形、写真では分かりづらいですが

箱の下のほうに確かに“バービー”と。。

で、お値段がRp30000(約300円弱)。

本物なのか????

とっても怪しいけれど着てる服に

正直惹かれた。

人形の服はとってもムスリムなものや


P1010717-1.jpg
                    写真が暗くてごめんなさい。。



そして一番魅了されたのは

きらびやかなインドネシア各地の民族衣装を着たもの。

もちろんバリの衣装であるクバヤ姿もありました。

(左から2番目、白い上着の人形がバリの衣装だそうです。)

P1010718-1.jpg


すごく手が込んでいて

バービーは本物偽者ではなく

純粋に服が欲しくなっちゃった。。

で、興味津々で見ていたら店の奥でおっちゃんが何やらゴソゴソ…

近づいて見てみたら

P1010716-1.jpg


なんと!人形の服をおっちゃんが手縫い中。

分かりづらいですが写真の最中もおっちゃんは

針と糸で製作中です。。

ココであなたが作ってるのか?

と聞いたらそうですと。

すごいねぇ~!!!!!ブログに載せてもOK?

と聞くと恥ずかしいのか人形しか見てくれませんでした。。

おっちゃん?お兄ちゃん?

かなり細かい作業だけど専用の人形を固定する道具もキチンと使い

丁寧に縫い上げていました。。

因みに人形込みなら30,000ルピアですが

洋服だけなら25,000ルピアで売ってます。。

(って事は…人形代は5,000ルピア日本円で50円弱。。安っ!

ますます本物?と疑いたくなるけれど)

手持ちのバービーの衣装チェンジにいかがですか????




いやぁぁぁぁーーー

それにしても男の人がココまで器用に人形の衣装を縫い上げるの

ビックリ&プチ感動物でした。。




バリ島 芸術祭 アートフェスティバルでの1コマ。。

先日、デンパサールにある

バリアートフェスティバル(バリの芸術際といいましょうか…)に行って来ました。

この催しは6月から7月に毎年1ヶ月ほど開催されているそうで

どちらかというと観光客向けではなく地元、バリの人向けの催しで

毎日踊りなどのステージが数公演開かれています。

が、海外からもアーティストが公演を行っていたりして

結構大きな催しで観光客でもじゅうぶんに楽しめます。

開会式には各国の代表または代表代理やインドネシア大統領も参加されたりと

とても盛大で観光客も見る価値十分です。。

我が家はまだ小さい子が居る為平日の人の少ない時に行った為

公演は時間前でリハーサル風景しか見れない状態でしたが。。。




会場に入り、我が子に何か遊ばせてあげられるものはないか?

と、会場内を探し回り

移動遊園地を発見!!そしてビックリ。。

何がビックリって…

手作り感2000%(苦笑)の乗り物しかありません。。


メリーゴーランド 
写真では分からないけれど実は
めちゃめちゃ高速で回転。
暫く見てると笑えます。。
お子様は乗せられないけど現地の子供は
嬉しそうに乗ってます。。

P1010719-1.jpg


観覧車
何だか公園の中のゆりかごのように簡素な個室。
動き出すとかごはぶらんぶらん揺れて
見ているほうは
突然落下すんじゃないか?
とハラハラドキドキ…。。

P1010720-1.jpg



P1010721-1.jpg


ドラゴン
出店に直撃するんじゃないの?
って程お店すれすれに動いていて
違った意味でスリル満点。

P1010722-1.jpg


タコ
これは…ビジュアル的にどうなのよ~なタコ。
現地の子供には人気な様でしたが
足部分にある乗る部分が上下するたびに
ギコギコと鉄に油さしてないのぉ???
と聞きたくなる耳障り音全開。。

P1010723-1.jpg



そして何よりスリル満点なのは…

P1010725-1.jpg

コレ!小さなエンジン?

モーターが見えていてなんともお粗末。。

正直…我が子をコレに乗せるなんて

怖くて出来ないけれど

見ている分には

あまりにもスリル満点で

笑いが込み上げてくる移動遊園地です。。


モチロン遊園地だけではなく

夜市のような雰囲気を醸し出している出店や

屋台も沢山ありそられを回るだけでも

結構楽しいです。。

そしてメインの踊りや音楽は

年に1度の大祭とあって豪華で煌びやかです。

興味のある方は一度覗いてみてくださーい。。

で、ついでに移動遊園地でクスッ!としてみてください。。

本気でメリーゴーランドは高速回転ですぅ。。





夜の爆発大騒動

あえて“我が家のご近所”としますが…

何かあるとすーーーーぐ人だかりが出来る我が家のご近所。。

今日息子が友人7人連れて来てなにやら相談ちぅ…

突然大爆音でドカン!!!!!!!

音が出た瞬間自宅に居た全員が外へ飛び出し

一瞬にして角地にある我が家の前に50人ほどの人だかりが。。

我が家の裏手でガス爆発と思う様な強烈な爆音。

皆口々に「ガス爆発か?」「こんな田舎にテロ?」等など…。。

おばあちゃんは震えてる人まで。。

男性成人がチームを組んで音の出たほうへ確認に。。

その間も小さな女の子は泣き出すわ

奥様方はワタシが“逞しい”とでも思ったのか

ずーーーーーっとくっついてるし。。

いやいや。。ワタシもコワイのよねぇ。。。

心細い状態のまま“ティダ アパ アパ”“シンガドォ ニィェン”の連発。。



数分後男性チームは帰ってきて

興奮冷めやらぬ風なまま状況説明。。

どうやらトラックが近道したいが為に無理やり細い裏路地に入り

道がトラックには狭すぎたようでハンドルを小まめに切り返しすぎ

整備不良の超古いトラックのタイヤがパンクしたそうな。。

安心したご近所さんはクモの子を散らす様にこれまた一瞬にして帰路へ。



その後、主人も確認しに行ったうちの一人だったということで

入れ替わり立ち代り“さっきの爆発は何があった?”

と、時間お構いなく突撃訪問。。

夜の23時の現在も我が家にはひっきりなしに人が集まってます。。

はぁぁぁぁ。。

皆さんいつ帰りますかぁ???





バリに住んでると色んなハプニングが日々起こるけれど

まったり自分の時間をくつろげない夜はごめんだー。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。